鬱病(うつ)と共存生活している日々の記録。


by saku4111

<   2009年 02月 ( 1 )   > この月の画像一覧

不思議な天気

雨降ったり、晴れたり・・・今年の天気は気まぐれだなぁ。
そのたびに洗濯物出したり入れたり。

まだ子供達の帰ってくる時間じゃなかっただけよかったな。
やっぱり心配ですからね。

今日は昨日の疲れ?もあってかゴロゴロしちゃいました。
こんなんで働けるのか心配になりますね。
まぁ一通りの家事はこなしてはあるんですけど。

結局階下へ行くと、母に捕まっちゃうので、どうしても2階に引きこもりみたいになっちゃうんですよ。

今日は母の具合が悪かったので、自分の部屋にいてくれたんですけど、それだけでも下へ行って料理作っちゃおって行けるんですね。
じゃないと居間にいるので、捕まったら喋り攻撃にヘトヘトになってしまうので。

でも、本当に年取りました<母。
本当なら、今からのほうが介護が必要なんじゃないかな?っていうほど、弱っているんですね。
だからついつい・・・手を出しそうになっちゃうんですけど
今までそれで駄目になってきたからって、思い留めているんですけど。

私が良くなったのも、母と距離を意識的に、かなり強硬におくようになってからです。
それまでも何度も振り回され、ヘトヘトになって一気に落ちてしまうの繰り返しでしたから。

ただ、友達もいない。
愚痴ももう聞いてもらえない。
でも言ってはいます。
私に。
哀しい人生だなぁって思います。
病気だけにしばられて、何もしてこなかった彼女の責任と、本来なら自分でやらなきゃいけない母親の役まで貴女に任せていた責任だと、先生もカウンセラーさんも言うけれど、彼女に友達なんて出来ないし、母親なんて無理だぁ。

結局、母が撒いた種だから、自分で刈るしかないんでしょうけれどね。
なんか可哀想で。
彼女も好きであぁなったわけじゃないですからね。
ただ努力の方向が間違っていたんでしょうね~。

私に出来る事は、出来る範囲内での事はしてあげる事だと。
じゃないとまた潰れてしまう。
自分の人生も考えないと、子供に迷惑がかかる年齢になってしまっている事。

ってこういう事考えるって事は、母が私に愚痴って言ってて、辛い辛いって言ってるから考えちゃうんですけどね。
私も病気なんですけどね~。
一応。
でもそれ言うと怒るのでいいませんけど。

ただ・・年を取って行くっていうのは大変な事だなぁとは母をみていて思います。
みんないろいろありますね。
でも、それでも自分の足で歩いていくしかない・・・。
歩いていくのが1番なんですよね。
[PR]
by saku4111 | 2009-02-22 12:51 | 日記