鬱病(うつ)と共存生活している日々の記録。


by saku4111

心が傷む

悲しい事件がなんと多いことか。
子供を自分の一部だと思っている。
子供は生まれたときから、親とは別人格なんだ。

しかも二犯目だ。
執行猶予付きって、いくら子供でも、人、1人殺しているのにこの判決は甘すぎるだろう。

自分の感情の捌け口を、自分より弱い者にぶつけるなんて。
って家の母親もそうだったからな。
一番当たりやすいんだろう。
しかも子供は、親が虐待してるって気づかない、あるいは気づいてても言わない子供が殆どだ。
後で気づいたんだけど、どちらにしても、この子達は親を庇っているんじゃないその時はそう思っているけれど)。
愛されていない自分を、認められない、認めたくないための行動なんだと思う。
それに気づいた時、私は更に深く傷ついたけれど。
現に私も家庭でおこっているそれを、友達に話した事なんか1度も無いし、逆にこんな事してくれたんだ、なんて言ってた。

心を深く傷つけられ、さらに自分で上塗りしているんだもん。
傷口がそうそう簡単に治るわけがない。

この子も助かって勿論良かったけれど、その後のケアをしてあげて欲しいと切に願う。
通報した弟も。

この弟は偉かったなぁと思う。
私には妹がいるんだけど…妹だったらどうしたろう?

私達姉妹は、喧嘩した事もなく、多分仲いい姉妹に見られると思う。
私は妹を母の逆襲から、身を呈して守ってあげていたし、妹は私が母親だと思っていたと言っている。
この病気になって、妹は心底心配してくれている。
が…私にはなんでそんなに心配してくれるのかが不思議なのだ。
その溝は一向に埋まらない。

前にカウンセラーさんにも言われたんだけれど、私と妹は同士だったと。
目指す標的(母)に立ち向かう同士。姉妹ではなかったと。
標的に立ち向かう方向性が違っちゃったら、同士として成り立たなくなってしまったって。
なるほど~と思ったけれど、それと同時に、姉妹としての絆をなんとか作りたいと思うのだけど、溝は全然縮まない。
しかも私は妹が怖い。
彼女の攻撃性のある会話に母を見てしまう。
フラッシュバックまでしてしまう始末。

これもまた後に知ったんだけど、自己愛の人って、横のつながりを断ち切って行くのが得意らしい。
常に自分中心のため、横のつながりを切っておく必要があるそうだ。
そんな特性をもった人が家庭をまとめる役目の母親だったなんて、おいおいって感じです。
だから私が変わりにまとめていたと。
そんなの無理。
だから壊れちゃったって先生にも言われた。
でもあの頃、私は家族の為に必死だった。
妹や父が怒られないように、先手打ったり、裏工作したり。
でも、不思議と私がターゲットになった時、誰も助けてくれなかったんだよね。
まぁ、私も頼まれてやっていたわけじゃないからね。
自分でやらなくてもいい事、せっせせっせとやっていたわけだから。

だから小学校どころじゃない。学校より母親の機嫌。
そんな生活だもん。
病むよね。

かなり話が脱線に次ぐ脱線をしてしまった。

ただこういう報道があるといつも、本当に心がイタクなる。
どうか傷を自分で増やしませんようにと、願ってしまう。
そして自分も同じ過ちを犯さないでねと願わずにいられない。

どこかで断ち切らなければ。
これは連鎖するから。
こんな思いをしたのが私でよかったと思う。
子供達じゃなくて本当によかったと思う。
[PR]
by saku4111 | 2008-08-22 14:00 | 日記